大型バイクと原付スクーター

スクーター

バイクに乗る人は趣味で乗っている人が多く、買い物に行ったり通勤通学で使うといった必要に迫られて乗るのではなく、ツーリングをはじめとしてライディングそのものが楽しいという理由で乗っている人がほとんどです。そういった場合はハーレーをはじめとした外国産の有名車種や、国産でも大型免許が必要となる車種に乗っています。しかし、趣味でライディングを楽しんでいる人も、原付スクーターがあると便利です。

バイクに乗る人

原付は車両価格の安さと燃費の良さが最も大きな特徴です。一方で、大型バイクは乗ること自体の楽しさはあるものの、車両価格は高く、燃費は公道を走る車の中で最も低い分類になってしまいます。専用ウェアやグリップヒーターなどの装備にもお金がかかるのです。乗れば乗るほど消耗していき、その都度出費することになるため通勤通学や買い物には向いていません。そこで、毎日の生活では原付に乗り、休日に趣味として大型バイクに乗るという使い分けがおすすめなのです。


バイク

大型バイクに乗ることができる知識と技術があればスクーターの扱いは非常に楽であることに加え、大型免許があれば乗ることが可能なので、長期的な視点で考えると費用面でもお得になるのです。


ハーレーと原付

原付

ハーレーはバイク業界における王者であり、ほかのバイクと併用することなど考えられないというオーナーが多いのも事実です。しかし、原付と二台持ちすることで毎日の生活がより便利になるだけでなく、ハーレーの寿命を延ばし愛車に長く乗ることが可能になるのです。

ハーレー

ハーレーに向いているのは長距離走行であり、信号待ちや渋滞でストップアンドゴーを余儀なくされる街乗りではありません。そういった環境で乗り続けているとエンジンをはじめとする各パーツに負担がかかり、結果として寿命を縮めてしまうのです。頻繁にメンテナンスを行っていたとしても、パーツの劣化は交換しなければ直らないため維持費が高くなってしまいます。

しかし、買い物をはじめとする街乗り用に原付を所有しておくことでそういった問題が解決します。ストップアンドゴーにも耐えられるように設計されているだけでなく、燃費が良く車検も必要ないため維持費がほぼかからないだけでなく、駐車スペースが狭くても問題ないことやガレージから出すだけで労力を使ってしまうということもないのです。

バイクにはそれぞれ向いている用途があります。用途別に乗るバイクを分けることで、愛車に長く乗り続けられます。